トーク julkinen
[search 0]
Lisää

Download the App!

show episodes
 
ウェディングのプロフェッショナルとして培ってきた知識や経験のあるクリエイター同士で、普段はあまり話さないけどみんな気になる話題...を肴に個性を搾り尽くす、そんなしゃべりの場です🍻 ⬇︎⬇︎YouTube⬇︎⬇︎ 下記URLより実際の映像でトークルームをご覧頂けます[5~10分に編集] ◾︎◼️募集中◼️◾︎ 出演希望やウェディングクリエイターへの質問は気軽にDM下さい🤵🏻👰🏻
  continue reading
 
オーディオドラマ制作サークル「ぽすといっと」のメンバーによる、謎のトーク&罰ゲームをかけたガチンコ対決! 負けた者には、メンバー麻上美誘のお手製鬼畜罰ゲームが施工される!今日の罰ゲームは、あの作品で主演を張ったアイツだ!?You tubeでも公開中!
  continue reading
 
なぜ今の子どもたちにとってプログラミングは必要なベーシックスキルなのでしょうか?プログラミングは、夢を形にする魔法の道具です。国境を越えて友人とつながり、未来をつくる鍵ともいえるプログラミングの魅力を写真や映像でお伝えします。ご案内は、デジタルメディアの開発に携わる朝日新聞社メディアラボのプロデューサー・竹原大祐氏。同デザイナーの宮下洋輔氏と、世界の創造的な事業を支援するトーマツベンチャーサポート部長の木村将之氏とともに小学生から親しめるプログラミングの魅力を語ります。大人の方もお子さまも一緒に楽しめるイベントです。
  continue reading
 
立場も会社も違う3人が、夜な夜な語り合うチャンネル。トークのテーマは「テクノロジー(主にツール関係)」と「仕事」。 例えば、ITセミナーの懇親会や飲みでの会話隣で聴いているような…そんな、ゆるくて雑な個人の雑談レベルのトークですが、私たち3人の誰かと楽しく話したり飲んだり、議論したりできる人が楽しめるような内容にできればいいなと。 そんなトークをお届けします。 ★このポッドキャストは他の環境でも聴けます youTuble(Live配信): https://bit.ly/youtube_twt noteマガジン : https://bit.ly/note_twt anchor.fm : https://bit.ly/anchor_twt iTunes : https://bit.ly/itunes_twt Spotify : https://open.spotify.com/show/1VHSkqnS8dnTfkqBS2jxH1
  continue reading
 
金沢を拠点にフリーのパーソナリティ、MCとして活躍する前田明日香(Asuka Maeda)のポッドキャスト「前田明日香のキッチン・トーク(Asuka's Kitchen Talk)」は、自宅のキッチンからお届けするような、リラックスしておしゃべりするプログラム。架空のFM局の番組のような感じでお届けします。キッチンは、そこから幸せな香りが広がっていくスペース。そんなふうに、この番組からハッピーが広がっていくように…とお送りします。食の話題から旅、音楽、子育て、日々の出来事、お気に入りのアイテム、話題のトピックスなど色とりどりにトーク。お料理を作ったり、美味しいおやつをを食べながらお送りします。あなたも対面キッチンの向かい側に座っているつもりで聞きながら、一緒に一息付いてください。 This is Japanese Podcast Program presented by Asuka Maeda in Kanazawa, Japan.
  continue reading
 
Loading …
show series
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人の身体の動きは周りの環境の変化に応じて 適応的に変化していきます。 新しい動きを獲得するには、 一度不安定な条件下での体験を 経る必要があるとも言えるでしょう。 逆に言うと、 ある条件を制約的に提供することで; 例えば歩く速さ・テンポを変える など; 新たな動きを自己組織化するきっかけにすることが できるのではないかと考えます。 今回は少し小難しい話になりますが、 ゆらぎと自己組織化について話しています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回は、 環境と人間の身体の動きとの関係について 「エコロジカル・マインド」という著書、 アフォーダンスという概念、 実際の身体運動指導の場面 などから トークしてみました。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「体はゆく」という著書の良い時を終えて、 改めて考えたことを話し合っています。 特に、理学療法士として考えさせられたこと を中心に話しています。 キー・ワードは 探索、学習、創発、(自己組織化)、環境 などで、 基調となる概念は“アフォーダンス”です。 次回以降も、 人の運動学習とアフォーダンスの関係について 話していこうと思っています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら コロナ禍もいよいよピークを過ぎて明けようとしていますが、 それにともないトレーニングルームなどに通う人も少しずつ 以前の数に戻りつつあるようです。 一方で、長居はしない、筋トレに励む傾向? パーソナルな指導、などの傾向も見て取れそうです。 さらにコロナ禍を挟んで、 ウェブでの運動指導なども盛んになってきており、 これはコロナ禍が収まってもそのまま残りそうな気がします。 また、 リアルな場面とウェブの融合も今後より一層増えるのではないか? などなど、 コロナ禍から現在までのトレーニング事情などについて フリーにトークしています。…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「体はゆく」という著書の最終章の読み解きです。 ここでは主に二つの話が出てきます。 一つは、 音ないし音声の刺激がどう身体の動きと関連するか? もう一つは、 アバターを利用した自分と他h里の関係性について、 の話です。 最後に理学療法士として、 今までの全体的な話を通じて感じたことなどに触れています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書の第4章を読み解きます。 なんらかの理由で失われた機能を再び再獲得・再学習することは、 リハビリテーションと多いに関係のある話です。 その際に、 学習の環境依存性と脳の可塑性について 話題提供されています。 また使用されるテクノロジーとして、 BMI(Brain Machine Interface)が紹介されています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書の第3章を読み解きます。 キー・コンセプトは、リアルタイムのコーチング。 ある技能を指導する場合、多くは言葉によるコーチングが 行われます。 しかし、運動が終了してしまってからの指導では、 後から再構築することが難しくなってきます。 できればその場で(空間的に)、その時間で(時間的に) 行われることが望まれます。 それがリアルタイムのコーチングです。 それを可能にするさまざまな技術の紹介がここで話されています。 大変興味深い内容で、リハビリテーションの運動指導などの現場でも 参考になる、また考えさせられる内容でした…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書の第2章を読み解きます。 キー・ワードは、変動性の中の再現性、探索、暗黙知 周囲の状況・環境に応じた身体の動きの再現性とは? 元読売ジャイアンツの桑田投手の例を紹介しながら 論じている章です。 全く同じことの反復練習とは異なり、 色々な動きを試していく中で新しい(未経験の) パフォーマンスを獲得できるのではないか? この試行錯誤を“探索”という言葉で表しています。 とても興味深い章ですので、 ぜひ本編をお聴きください!…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書の第1章を読み解きます。 「あっ!こういうことか」と感じる瞬間、 これが体に先を越された意識のありようを 的確に表す言葉になっています。 この章ではエンジニアでありかつピアノ奏者である 古屋晋一さんに著者の伊藤亜紗さんがインタビューしています。 特に興味深いのは、 古谷さんがピアニストのために開発した外骨格(エクソスケルトン)です。 まるで大リーグ養成ギプスのようなイメージですが実は全然違って、 外側から正しい指の動きを誘導してくれる装置です。 そのほかにもいくつか興味深い話が出てきますので、 ぜひ本編をお聴きくだ…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回の続きです。 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書を総覧的に読み解いています。 次回からは、 各章から順序立てて話していきます。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 人がある技能を獲得するメカニズムとは? そこにある不思議を科学するというテーマの 「体はゆく」という著書から想起されたあれこれを フリーに語っています。 次回以降、 この本の詳しい解説というか感想、啓発されたことなどを 章立てて話していこうと思っています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操の紐解きシリーズの最後となります。 今回は、 片足立ちからの上部体幹回旋 と、全身の回旋運動です。 片足立ちからの上部体幹回旋は難易度がやや高いので、 日常生活動作の立って靴下を履く動作に真似て 片足立ちでももを上げて足裏や足先、足首などを触る運動でも 良いかもしれないと思います。 また、最後の全身の回旋運動は、 今までのメニューのおさらい的な部分で、 体幹の前後屈や側屈、回旋の可動域と 前庭系の機能を含むバランス能力の確認が可能と考えています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操紐解きシリーズ第5弾です。 今回は体幹の側屈運動↓ と、ワイドスクワットからの体幹回旋運動↓ です。 それぞれの運動の目的と注意点、他の運動との比較 などを身体操作知性という視点で解説していきます。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回でトーキング・エクササイズから数えると通算300回、 トーク・オン・エクササイズになってからでも200回目の配信となります。 100回を一つのシーズンとすると、 4シーズン目を迎えることになります。 それにあたって、直近100回までの振り返りをしつつ、 これから向かう方向などについてフリートークしています。 皆様これからもよろしくお願いいたします。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操を身体操作知性の観点から 紐解いてみようと言う企画第4弾です。 今回はジャンプ動作について解説します。 その場ジャンプから始まります。 これには両手の動きを合わせて行うデュアルタスク的な要素も入れています。 続いて 前後へのジャンプ 左右ジャンプ 斜め前後のジャンプ で終了する基本フォームです。 ジャンプはその力と方向性(ベクトル要素)を色々と変えて、 それを正確に再現できるか試す目的があります。 それは二関節筋の働きを確認することにつながります。 いくつかの別提案も交えながら考察していきます。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操を身体操作知性の観点から 紐解いてみようと言う企画第3弾です。 今回はスッテプ動作について解説します。 前後ステップ 左右ステップ そしてボックス・ステップ いずれも優先度はまずテンポ。 一定のテンポに合わせて動くことが第一で、 正確に行うのはその次の段階、 と考えます。 特にボックス・ステップの場合、 タンデムやクロスといった 動的バランス能力と関係の深いステップが 盛り込まれている点で、 重要なものと考えています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 身体操作知性の観点からオリジナル体操を紐解くシリーズ2です。 今回は、 体幹の伸展と屈曲 さらに、 頸部(首)・胸椎・股関節の回旋の動きについて見直しています。 頸部回旋 +胸椎回旋 +股関節回旋Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回から何回かに分けて、 以前我々が作成したオリジナル体操を 身体操作知性の観点からもう一度紐解いてみようという 企画をお届けします。 最初に深呼吸と半歩前荷重の動きから、 どういう目的かをより明確に示しながら、 再検討していきます。 <参考コンテンツ> 身体自由-カラダフリーチャンネル SP57 オリジナル体操種目の解説1 https://www.youtube.com/watch?v=zvVXpNDCgmYKirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 身体運動知性=physical fitness IQとは結局、 身体の使い方を学ぶ過程の試行錯誤(考えて試す)を指している ということを、 昨年10月引退したばかりのスピードスケートの金メダリスト 小平奈緒さんの例を通じて話しています。 そしてそれは子供の頃から始めた方がより良いだろう。 なぜならば、 のちに高齢になった時の身体の動かし方の不調に気づきやすく、 また修正もしやすいのではないか? と考えるからです。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 以前製作したオリジナル体操を、 身体操作知性(前回を参考)によって見直してみよう、 という提案が主の回です。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 2023年最初の配信です。 今回は、 2022年の主にスポーツ界を振り返っての話が進みます。 スキージャンプの高梨沙羅選手から始まり サッカーの三笘薫選手、 野球の大谷翔平選手、村上宗隆選手、 ボクシングの井上尚弥選手などの話が前半です。 これら一流アスリートに共通に感じる知性(IQと称しています) についての話が続き、 後半は、 日常生活を含む一般人(私たち)の身体運動にも 知性が必要ではないか、という話が提起され、 2023年に向けての抱負で終わります。 昨年までお聴きいただきありがとうございました。 今年も引き続きよろしくお願いいたします。…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今年最後の配信になりました。 もう一度身体の可動性について、 様々な例;特にサッカー;をもとに話してみました。 結果的にサッカーのこと(戦術とここの選手の能力の二元論は間違っている?!)を 言いたいのか、身体操作のことを言いたいのか? わかりづらくなてしまいましたが、 年末ということでお許しください。 来年も身体操作知性について、 お話ししていこうと思っていますので、 引き続きよろしくお願いいたします。 みなさま良いお年をお迎えください!Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ヒトが動くために構造的に必要な関節可動域と、 その範囲を効率的に動かすことのできる可動性。 これらは、筋力発揮のための必要な環境とも言える、 という話が前回でした。 その稼働範囲を筋肉の力によって動かすためには、 神経からの指令がなければなりません。 筋肉を太くするためのいわゆる筋トレというだけではなく、 ヒトが動くために必要な筋力発揮としてのトレーニングと捉えると、 筋トレ=神経トレーニングと解釈することもできるでしょう。 その点について議論を進めていきます。Kirjoittanut U2nBe
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 可動域に関して、正確に定義し直します(以下参照;ROM=可動域) 1. 他動可動域=passive ROM=解剖学的ROM;anatomical ROM 構造的(解剖学的)に関節が動く範囲 2. 自動可動域=active ROM=生理学的ROM;physiological ROM 自分の力で動かせる関節の動く範囲 3. 機能的可動範囲=functional arc 日常的によく使う(頻度の高い)関節可動範囲 関節の可動範囲値としては、 1>2>3 の順となる 関節の可動範囲が確保されてはじめて 筋出力しやすい環境が整えられます。 筋力を維持するためにも、 まずは自分で楽に動かせる関節範囲を確保しましょう!…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 身体のメンテナンスの中で最も重要であると、 私たちが考えているのが 身体の各関節の可動域と可動性(の維持・改善)です。 可動域と可動性の違いについては、 その解釈・定義として説明しています。 いずれにしても関節が自由に・思い通りに動かせることが 加齢に伴う体力などの低下を防ぐ第一歩ではないかと、 考えています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 長く健康体を保つには、 日頃の身体のメンテナンスが必要だと考えます。 そのためにはまず、 日々感ずる身体の違和感に気づくところから 始まるのではないでしょうか? 違和感と言ってもさまざまですが、 具体的に感じやすい違和感について挙げています。 中でも身体の硬さ(可動域・可動性の低下)が 一番重要かつ対処しやすいのではないか? という提案もしています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 起き上がり動作分析シリーズの3回目となりました。 今回は起き上がる動作の速さの違いによって 何が異なるのか? 文献をもとに議論・説明をしています。 <参考文献> 健常者における起き上がり動作の速度変化における 上肢・体幹の運動学的解析 ↓ https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/35/6/35_893/_pdfKirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回に引き続き起き上がり動作についての話です。 今回は、以下の参考文献についての内容報告が主となっています。 ベッドから起きるとき、身体を少し横に向けて捻りながら 肘をついて起き上がる方法をとったとき、 肩の開き具合の違いによってどんなことが異なってくるのか? についての研究です。 <参考文献> 支持側の肩関節外転角度の違いによる片肘立ち位を 経由した起き上がり動作の定量的解析 ↓ https://cir.nii.ac.jp/crid/1390008089765450496Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 起き上がり動作についてです。 人間は寝たままでない限り、 必ず起き上がる動きが必要になってきます。 しかし、 寝返り動作以上に重心の垂直方向への移動が大きいために、 決して簡単な動作ではありません。 また、 起き上がり方も色々な方法が存在します。 赤ちゃんの発達から、加齢に伴うまたはなんらかの疾患で起こる 動きの変化についても話しながら、 起き上がり動作の概要について説明します。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回久しぶりに、“kizuのフルマラソンを走り切るぞ〜う” をお届けします。 残念ながら現在kizu氏は以前傷めていた左ではなく、 右の膝の痛みで走る練習がまともにできていない状態です。 今回は痛みの原因をいろいろ推論しています。 この物語はまだ終わったわけではなく、 今後に向けてどう展開していくか? 長い目で見守っていただければありがたく思います。Kirjoittanut Xic
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 寝返り動作の分析結果を検証してみる、です。 過去に寝返り動作を分析した文献がみつかったので、 それを題材にしてトークを繰り広げます。 自分の寝返りパターンはどういうものか? みなさん意外と知らないかもしれませんが、 身体の動きになんらかの支障が生じると、 思った以上に難しい動作であることがわかります。 その点についても議論しています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 寝返り動作がどうやって行われているか? なぜうまく寝返ることができない人がいるのか? について話をしています。 一言に寝返り動作と言っても文字通り千差万別、 バリエーションの多い動作の分、 力学的な分析が難しい動作でもあります。 そこのところを、 できるだけ身体運動学的な観点から考えてみようという企画です。Kirjoittanut vKC3ZR
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 楽に楽しく走ると速く走れる?! 今日はそのお話です。 NHK-BSランスマ倶楽部の ゲストに福士加代子さんを迎えた番組 https://www.nhk.jp/p/run/ts/37G6753ZPW/episode/te/2819QKN81R/ を参考にした話になっています。 肩の力を抜いて下を見ずに少し前を見て (場合によっては周りの景色を楽しみながら)、 骨盤を前に傾けた状態で身体(上半身)の真下の地面を踏む感覚で 楽しく走りましょう!という趣旨です。 これが結果的に効率の良い走りで、タイムもアップするかもしれません。 皆さんも参考にしてみてください。…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回のロボットが転ばない仕組みから 逆に人の歩きで転ばないためにどうしたらいいか? のヒントが得られるかもしれません。 具体的には、前に転びそうになった時の加速 それと同時に前絵の大きなステップ そのための股関節の伸展可動域、 さらには足裏の感覚機構の重要性など、 さまざまなことがロボット制御から 示唆されると考えられます。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回までの“kizuの徒然草 in motion”は、 立っている状態のバランスについて(静的バランス)の話でした。 今回は、 歩いている時などの動的バランスの制御について、 その仕組みをロボットの歩行制御の観点から考えてみました。 ロボットは(人は)なぜ転ばずに歩き続けられるか? これを力学的観点から紐解いてみました。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 運動は身体に良い影響を与える(程度問題/限度のある話ではありますが) ということについては異論がないと思います。 一方で運動すると気分もすっきりとして頭の思考力が冴えたり、 良いアイデアが閃いたりという影響もありそうです。 さらには認知能力の改善・維持にとっても好影響をあたるということが 近年の研究ではっきりとわかってきています。 今回は科学的な根拠のもとに運動が脳に与える影響について語ります。 <参考図書> 「運動脳」アンデシュ・ハンセン著、サンマーク出版、2022.Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 立って何かの動作を行う場合のバランス能力とは何か? についてです。 ヒトが立って踏ん張って何かを行うときに、 重心は支持基底面の中でどういう動きをするのか? またそれを操作する足圧中心の動き(と床反力の方向)は? などについて話しています。 幾分難しい話も出てきますが、 最後まで聴いていただければ、少し意図するところは伝わるかなぁ? と思っています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 最も重力に逆らって行うスポーツ競技の一つに スポーツクライミングがあります。 今回はその競技から学べる、 〜私たち日常生活で身体を動かしている人間にも役立つ〜 ヒントがいくつかあったのでお伝えします。 身体の柔軟性、体感筋力の重要性、身のこなしかた、身体の位置の察知能力、 全身及び各部位の持久性、などなど 身体を柔らかくしなやかに、楽に動かすことを目指したい人にとっては とても役立つ要素が含まれていると思います。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ヒトはただ立っているだけ、 と言っても実は微妙な重心のコントロールをしています。 そのことを物理学(力学)的に説明しています。 重心、床反力、足圧中心などの用語を用いて いかにただじーっと立っているだけに見える静止立位の メカニズムを解明してみましょう! そして、前庭器官からの身体の位置情報や、 足裏の感覚がいかにこの機構を成り立たせているかも 知ることができます。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 重心のお話が中心です。 直立二足歩行を獲得した人類が立っていられることは、 実は不断の(微妙な)バランス調整の上に成り立っていいます。 そのことを重心と支持基底面という 二つのキー・ワードを使って説明しています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら GAFAに代表されるビッグテック企業が 医療・健康情報を含むビッグ・データを収集し分析しています。 今後の医療はこのようなIT企業との連携が必須になると思われます。 それによってより予防医療への介入が容易かつ有効になる明るい未来を想像できる と同時に、 個人情報を一企業が握ってしまうことのデメリット(個人にとっての)も 考えていかなければならないでしょう。 今回はそんな真面目な話をテーマにしています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
Ep200は、番組200回記念!いつも聞いてくださっているあなたに感謝の気持ちを込めてお届けします。いままでで一番聞かれたエピソードは?どんなテーマが人気があったの?ゲストは我が家の長男次男、将来の夢を語ってもらいました。明日香的ポッドキャストのススメもご紹介、最後は「仕事と子育て」についてお話しています。「前田明日香のキッチン・トーク」はこの200回で一旦お休み。充電して再開したいと思っています!
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 物理学の視点から人の身体運動の仕組みを説明していこうというものです。 キー・ワードとして以下の3つの用語が挙げられました。 1.支持基底面 2.重心/重力 3.床反力作用点 ちょっと難しい感じがしますが、 できるだけ具体例を挙げながらわかりやすく説明してくれると思っています。 ヒトが身体を動かすにあたっての 基本中の基本/大前提となる話が続くと思いますので 乞うご期待!Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
Ep199は気まぐれバンライフ。富山県南砺市を発見する旅に出かけてきたレポートをお届けします。北陸エリアで7年連続「住みたい田舎」No.1に輝いている南砺市。そこには古くからの町並みがあって、のどかな田園風景があって、豊かな里山があって、キャンプするにも最高な地域でした。今回訪れたのは、スイスのようなコテージが立ち並ぶ「イオックスヴァルト」。そして、旧利賀村にある「利賀国際キャンプ場」です。イオックスヴァルトでは何とキツネに遭遇!利賀国際キャンプ場では、建築家の隈研吾氏とスノーピークがコラボした「住箱」にお泊りしてみました。おトクな「とやま観光キャンペーン」と「なんと観光クーポン」についてもご紹介。これを使わない手はありません!この夏あなたも南砺市へ旅してみませんか?…
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 世に数多ある体操。 中でも代表的なものがラジオ体操です。 全身を動かしてある程度の運動感覚を目覚めさせるには とても有用なのが体操です。 しかし、 もっと意図的にある目的をもった動きを体操に組み込んだとしたら、 その目的を果たすような動きの正確性が必要になってきます。 私たちのオリジナル体操には、 その辺の正確性と目的をもっと明確に知ってもらう必要がある、 という話をしています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
Ep198は、夏に食べたい金沢の和菓子を特集しました。美味しい和菓子がいろいろある金沢には、いまの季節に食べたい和菓子がたくさんあります。暑い夏こそ和菓子!ということで、今回ピックアップしたのは、森八の「葛あんみつ」、高木屋の「あんず餅」と「紙ふうせんスイカ」、柴舟小出の「白桃」、美福の「笹餅」&「ささげ餅」。贅沢な一品から遊び心にあふれたもの、シンプルなお餅までさまざまです。緑茶や麦茶と一緒に食べればホッと一息…この夏、あなたも和菓子タイムしませんか?お土産やお取り寄せの参考にもなればと思います。
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 大谷選手の、 自分のプレイを最高点にすることを楽しむために 基本的な練習を積み上げていく、 という姿勢から何が学べたか? 日常生活でも、 自分の身体を自由に動かす能力の低下を感じる場面があると思います。 その時が一つのチャンスかもしれません。 それをきっかけに、 日々の身体のメンテナンスをしていくことで、 長い期間自分の身体を自由に動かすことを可能にするのではないでしょうか。 そんな話を繰り広げています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
Ep197は、私が毎日飲んでいる「甘酒」についてのお話です。米麹から作られるノンアルコールの甘酒、これが「飲む点滴」と言われるほどのスーパードリンク!美容と健康に抜群の効果があるのです。どちらかと言うと冬に飲むイメージですが、実は甘酒は夏バテ解消にもってこい。今回は私が気に入っている冷たい甘酒ドリンクのレシピ「甘酒マンゴーラッシー」「甘酒レモンラッシー」「甘酒トマトジュース」をご紹介しました。さらに、金沢のおすすめ甘酒もピックアップ。ヤマト醤油味噌と福光屋の甘酒をご紹介しています。あなたもこの夏、甘酒で暑い夏を乗り切りましょう!
  continue reading
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 大谷選手は今年も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。 この4年間ほどの経緯を彼のインタビューで綴った 知られざる4年の真実 をみた感想から話は始まります。 結論として、 ・当たり前のことを当たり前に行うことの重要さと難しさを確認 ・基本的な動作の繰り返し練習の積み重ねが、 さまざまな実際の環境での動作の自由度を決めるのではないか、ということ ・パフォーマンス(≒身体を動かすこと)を楽しむという 最終的な目的をもって運動に取り組む必要性 などについて語っています。Kirjoittanut asakizu
  continue reading
 
Ep196は、ずっとこのポッドキャストでやってみたかった落語に初挑戦!古典落語の演目「平林」を前田亭明日香が披露いたします。正確に言うと、落語というか、落語の演目を朗読したものなのですが、それでも難しい!チャレンジしがいがありましたし、気づく点も多かったです。やっぱり噺家さんって凄いですね。出典は「東西落語特選」というサイトから。それを少し私の方でアレンジしています。これを聞いた息子たちの反応は?あなたも「親子寄席」してみませんか? 出典:東西落語特選 https://www.niji.or.jp/home/dingo/rakugo2/
  continue reading
 
Loading …

Pikakäyttöopas

Tekijänoikeudet 2023 | Sivukartta | Tietosuojakäytäntö | Käyttöehdot