Jigahouboku julkinen
[search 0]
Lisää

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
嫌の決断刻一刻と変わる流れにさらわれず消化できない引っかかりをごまかすことなく自分に問いかけ続ける心の奥底でそうするべきではないと何度も繰り返される間違っているかもしれないそうだとしても他のことにはどれほど柔軟であり続けるとしても嫌なものは嫌嫌いなものは嫌い
 
押し入れの奥にしまったまま存在さえ忘れていた取り返しつくものとつかないもの光の当たらないところで姿形を変えながら着実に準備を進めるなかなか気付いてもらえないわかりやすく音を立ててみる扉の向こう側ではどう思われているだろう明らかに何かがいる怖くて扉を開けることができない
 
深入りする必要のないところに入り込む奥深く入り込む 立場の変わり目を見極める想像と違う流れに取り残されてしまっても慌てふためくことなく落ち着いて雨雲が消えるのを待つどこから見知らぬ人が現れて慰めてくれるかもしれない
 
伝わってない罠繰り返し伝え続けていても伝わってない罠挙句のはてにいいように的にされて間に挟まれたまま火を浴びるできたはずのあれこれ余計な気兼ねなく入る前と出た後の強烈な落差目に止まる文字が別の意味に思えてくるめらめらと燃えて広がって
 
長さの違い数字の後ろに続く記号の意味が変わる俄に信じがたく本当なのか確かめようとして錆びついた引き出しを開けて奥深いところから見つけてきた手がかりをつなぎあわせてみると思っていたものとは違う長さの違いに耐えられなくなる
 
水の起源を辿る亀裂に沿って怪しげな角を曲がって地下室から吸い上げた水を注ぐ鏡に映る様子を眺めている役割を果たし明らかな結果を得られるそんな期待は脆くも崩れ落ちる水の起源の分からないままどうしようもないどうにもならない
 
余りあるどうにか割り切って次に向かう傍目など少しも気にすることなく気の向くままに吸い込んで暗い所を選り好みしてくっついて離れなくなる赤く点滅する人に導かれ親密な空間から離れる混ざり合う音にかき消される背負ったままの荷物が肩に刺さる
 
理由のない嫌ないことはないのかもしれないそれでも嫌なことには変わりない少しでも距離や時間を開けたりたわごとと言われるようなことであってもあれこれ思いつくままを試してみてもまたとない機会を捉えても理由のない嫌理由の分からないままただひたすら家に帰りたいという
 
いつか思うことの知らせなぜ今頃あらかじめ気付かされるわざとそうする意味のないはずのない浮かび上がる未来の風景は変わりなくただ自分だけ外れているいつかその時思うことどうなっていても慌てることはないどうなっていても悔やんでることはない
 
高い所へ向かう他に行くところもないし偶然目についた文字の踊りなだらかな坂に沿って誘導される天井の見えない部屋に入れられ不安げな人の並びに続く急に暗くなって互いの距離がわからなくなる数字の読み上げられる度にどよめきの起こる
 
赤い壁の前で待つどうしてここにいるのか思い出せない聴き覚えのある歌に誘われあと先なく建物に入る慣れない言葉を交わして待ち人などいないのに十三番目の印を与えられる鏡の前の椅子に座らされその意味を告げられるこの世のものではないようなものを目にする
 
ないほうがいい結びつきを過度に意識してしまう自ら顔を汚しながらそういうものそういう世界へ向かってゆく無意識に避けることが悪気になってしまういつの間に新しい壁の出来上がっている昨日までとは違う何もかも変わってしまった
 
意味などなくまた昇る焦点の合わない状態でも関係ない雑音に気を取られ惑わされないように本当に必要な旋律と鼓動に集中して意味のないようなことを意味ないままに終わらせずつながっていなくても大丈夫何事もなく収まるところに還ってゆく分厚い雲を突き破ってここまで届く報われないはずのないとしても期待する必要はない
 
早い日の暮れどちらか先に話しかけてくれたほうを選んで奥の部屋へ進む同じことを繰り返してもわずかな違いを見つけるようにする普段は明るいはずの帰り際意図しない言葉に明かりの灯る物理法則を無視して舞い上がる止まるはずない止められるはずのない
 
雨に濡れる理由役目をやり終える前にほんの僅かの休息寄り道途中の再会後をつけていたつもりが追い越してしまう不必要な立場の振る舞い ない方がいい互いの無駄に終わる時間あらかじめ測り知ることもなく撒き散らし散らばり意図せず影響を及ぼしてしまう
 
欲しいものが現れ欲しかったものが目の前に現れ良さげなことの連続する不安きっとこれからそれ以上に悪いことの続く前兆いい流れを掴みそうであっても出来過ぎの先行きの一抹の不安いつも飲み込まれてしまう欲しいものが現れると
 
頭上に石の落ちてくる真夜中の枝の茂みの中から硬い塊が落ちてくる骨と骨とがぶつかるような鈍い音を立てる誰もいない坂道でくらくらとふらふらとよろめきながら倒れ込む頭上の石は転がり続ける坂の上から転がり続けるそれが何で何が起きたのかわからない
 
足りないことへの囚われいつも思いがけず陥ってしまう今さら慌ててかき集めてもどうにかなるものでもなくまともに活かされない過去不毛な分岐点の辿り切羽詰まった追い込まれいらない慰め無意味の極み手遅れになってから届く知らせ
 
鎮める方法地面に開いた穴を見ているうち思いっきり吸い込まれそうになるこのまま落ちてしまえば抜け出せるのかもしれないあるいは何が起きたとしても結局何も変わらないいつも片付けの途中に突然現れる面と向かって言えるはずもない内側で黒い渦を巻くそれを鎮める方法
 
終わりの問いかけ普段通りに振る舞おうとしてもできるはずのない正しいことと正しくないことのどちらに近いのかまだわからない見ている場所が違うだけ変わりようのない未来を認めたくなくてもやがて訪れるしがみついたり先送りにしたり自らを谷底へ突き落とすような
 
壁がなくなった後また作られるまでの間今しか見ることができない露わになった内側の様子を朝から晩まで一日中観察する入れ替わりで訪れる人々の様子を覗き見る見覚えのある姿の見つかる知らされていない知るべきではない曖昧にしてきたものがつながってしまう
 
背後から毒に当てられてしまう予期せぬ空気の乱れ理由の分からないまま背後から毒歪な針の突き刺さる振り返るとそこには自分の顔があってであれば毒まみれなのは誰気づいていたらするはずのない言い訳は同じように繰り返される前を向いて歩けない
 
Loading …

Pikakäyttöopas

Tekijänoikeudet 2022 | Sivukartta | Tietosuojakäytäntö | Käyttöehdot
Google login Twitter login Classic login